無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

19

あなた「気のせいだってー」

久しぶりに、マサキに話しかけた。あれから1週間一言も話さなかった。こんなの始めてだったなぁ、お互いに気まずくてなかなか話しかけられなかった。



(マサキ)「なー、今日の放課後すぐ帰る?」



あなた「あ、うん、今日は何もないからそのまま帰るよー」



(マサキ)「俺も今日部活ないから、」



(ユイ)「じゃー一緒に帰ろうよ、久しぶりに!」



あなた「そうだね!そうしよう!」



(ユイ)「あ、まって、わたし質問あるんだった!2人先帰ってていいよ!」



あなた「え?そうなの…?わかった、」


(マサキ)「おっけ。じゃ、」



そのときユイがマサキにウインクしたのをわたしは見逃さなかったけど、よく分かんないから放っておいた。