無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

25

試合が始まって。今度はアイツと兄貴のこと気になって全く集中できなかった。パスをミスって周りに怒られるというより、驚かれた。


試合が終わるとすぐに終わりのチャイムが鳴り、そのまま教室に帰る。


今は誰とも話したくなかった。


何で自分がここまで不機嫌になるのかもわからない。


兄貴は、教師でアイツに指導していただけ、当たり前のことだろ…


頭ではわかっていたけど、動揺を隠せなかった。


練習中の、アイツのキラキラした目。あんなに一生懸命動いてるのは久々に見た。

何だよ俺、兄貴に嫉妬してんの?カッコわりーな、。

変な事考えてる自分が嫌いになる。こんな面倒な男アイツ嫌いだろ…、って言い聞かせて何とか気持ちを落ち着かせた。