無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

28

(先生)「ただいまー、」


(マサキ)「…おかえり」


(先生)「ん、元気ないね?」


(マサキ)「夕飯、兄貴の机の上あるから」


(先生)「あー、ありがとね」


(マサキ)「あ、のさ。」


(先生)「んー?」


(マサキ)「今日の体育、どうだった?」


(先生)「どうだった、ってマサキが?」


(マサキ)「あ、まぁそれもそうだし、他の子達も?つーか兄貴何してたかなーって思ってさ」



(先生)「マサキが上手いのは知ってたけどあんな近くで見たのは初めてかもなぁ。このクラスはみんな優秀だね」


(マサキ)「そう?じゃー兄貴も特に教える事ないね」


(先生)「みんなできてたからなぁ…。あ、でも(あなた)さんはちょっと気になった事あったから少し指導したかな」


(マサキ)「あーアイツか、運動苦手だからね」


(先生)「そうなの?凄い頑張ってたし良い感じになってたよ」