無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

32

思わず口が滑って本音が出てしまった。でもとぼけた顔してるから聞こえてなかったんだろうな。良かった…


あなた「ご飯食べて行きなよ、今日お母さん遅いからさ。」


(マサキ)「あー、じゃあお言葉に甘えて」


あなた「なに食べたい?」


(マサキ)「って、お前つくんの?!」


あなた「それ以外居ないでしょうが(笑)」


(マサキ)「怪我しそう…」


あなた「失礼だなー、私でもお母さん夜遅いときとかは自分で作ってるんだからね?」


(マサキ)「知らなかったわ…」


あなた「驚きすぎー!で、なに食べたいの?」


(マサキ)「そりゃ驚くよー。何でも、作れるもんで」


あなた「んー、あ、唐揚げ好きだよね?」


(マサキ)「あー、好きだよ」


あなた「じゃー唐揚げにしよ、買い出し行かないと。マサキも一緒に来る?」


(マサキ)「うん、行く。俺が1人でこの家にいんのもなんか変だし」