無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

33

あなた「なんか夫婦みたいだね(笑)」



(マサキ)「随分と若い夫婦だな」



あなた「さっきレジのおばちゃんに言われたのー、お嬢ちゃんあれ彼氏?幸せにね!って。」



(マサキ)「まー確かに他人から見たらそう見えんのかもね。」



あなた「嬉しい?」



(マサキ)「え?」



あなた「冗談〜、笑」



(マサキ)「まー、嫌ではねえけど」



あなた「なにその言い方〜、私は嬉しかったんだけど!」




なにも返せなかった。そりゃ、俺も嬉しいよ。けどコイツが言ってる嬉しさと俺のは違うだろうから。



グダグダ話してたらいつの間にか家についてた。あー、そう言えば兄貴にLINEしてねーわ、後でしとこ。