無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

37

『養子縁組規約…』

え?どういうこと?養子縁組ってなに…?何でここに私の名前書いてあんの?しかも違う苗字の。どうなってんのこれ…



その時、お母さんが帰ってきた。


(母)「ただいまー、」



あなた「…ねぇ、お母さん…」



(母)「ん?どしたの?」



あなた「これ、何…?」



(母)「あっ…」



あなた「養子縁組ってどういうこと?何で私の苗字違うの?ねえ、何これ!」



(母)「落ち着いて、ちょっと…待ってね…」



あなた「ちゃんと説明してよ!」



(母)「わかった、わかったから…座って…?」


もう訳がわからなくて凄い怒った口調でお母さんを責め立てた。もう、混乱で涙が止まらなかった。


(母)「実は、ずっと話していなかったんだけどね…」




初めて聞いた。ショックだった。今まで話してくれてなかったなんて。



お母さんは本当のお母さんじゃないらしい。本当のお母さんは私が一歳の時に育てられなくなって私を施設に預けたらしい。


お母さんは逆に子供に恵まれなくて、養子縁組で、私に出会って、ピンときて受け取ることになったって。



(母)「可愛くて可愛くて…私が守らなきゃって勝手に思ったのよ、でも写真は一枚も残ってなかったの。」