無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

38

あなた「何で…いってくれなかったの…?」



(母)「言うタイミングがなかったの。あなたはすごく素直で純粋な良い子だから、傷つけるのが怖かったのよ…ごめんね…」



あなた「私もう高三だよ…?十分大人だよ?」



(母)「ごめんね、ほんとに…いつか言わなきゃって思ってたんだけど…」




そう泣きながら話すお母さんを見てもうそれ以上責められなくなって自分の部屋に閉じこもった。



ショックだった。ほんとのお母さんじゃないなんて言われたってよくわからないし。



何よりも、お母さんが私に隠し事してたってことが悲しい。

ウソはついちゃダメよって、ウソつきには厳しかったお母さんだからこそ、お母さんは絶対に何も隠し事がないって思ってた。



どうせなら知らない方が良かったの…?

もう、涙が止まらなかった。育てられなくなった?施設…?私一回捨てられたの…?