無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

40

起きた時は、もう夜になっていた。


(母)「大丈夫?気分どう…?」



あなた「ん…だいぶ落ち着いたよ」



(母)「よかった…明日は行けそう?」



あなた「うん。」


夜は一言も話さずに、気まずい雰囲気でご飯を食べて、2人に明日は行くよってLINEして寝た。