無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

41

(ユイ)「おはよー、大丈夫なの?」


あなた「うん…」



(ユイ)「顔色悪いよ…、ほんとに?」



あなた「大丈夫〜、」



(ユイ)「無理しないでよ?辛かったらすぐ言ってね。」



あなた「ありがと…」


想像以上に心も体も疲れていた。一日誰とも話さずに過ごした。お昼の時、急に吐き気がして保健室へ行った。


暫くベッドで横になって休んでたら、桜井先生が来てくれた。



(先生)「あなたさん大丈夫ですか…?」



あなた「あ、桜井先生。大丈夫です…」


(先生)「何か、困ってることがあったら、先生で良ければ聞きますよ。溜め込むのはよくないからね。」



あなた「…」



(先生)「あ、話せそうだったら、で良いよ。今はちょっと無理そうかな?」



あなた「はい…」



(先生)「いつでも、おいで。話聞くから。」


あなた「ありがとうございます…」


優しくされて、涙が溢れてきた。頭の上に乗っけてくれた手があったかかった。