無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

42

(先生)「よしよし、大丈夫だよ。よほど辛い事があったんだろうね。今日はもう帰ったほうが良いんじゃ無い?」


あなた「うーん…」


(先生)「無理は良く無いよ?」


あなた「はい…、今日は帰ります、」


(先生)「それがいいかもね。荷物持ってくるから待っててね」



頷いて横になって待っていた。まだ頭痛は治ってなかったけど、気持ちは少し楽になっていた。そのうち先生にはほんとのこと話そうかな。



(ユイ)「荷物持ってきたよー、大丈夫??」


あなた「あ、ユイありがと。なんとか…」


(ユイ)「マサキ凄い心配してたよ。前の日一緒に居たんだって?俺のせいかなってずっと言ってたよ」


あなた「うん、確かに一緒にいたけど全然それは関係ないから大丈夫って言っといて?」


(ユイ)「あんたの口から言ってあげな、LINEでもいいし」


あなた「そうだね、LINEしとこ」


(ユイ)「また明日ね、ちゃんと休むんだよ?」


あなた「うん、ありがとね」