無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

45

(先生)「おはようございまーす。お、欠席なしですね。それじゃー、1時間目の準備してください」


あなた「先生〜、明日の放課後って空いてますか?」


(先生)「えっとねー、会議が少しだけあってそのあとなら空いてるかな」


あなた「ちょっとお話ししたいことあるんですけどいいですか?」


(先生)「勿論!じゃー第2会議室に5時でいいかな?」



あなた「ありがとうございます!」



なんか緊張したー、めっちゃ顔熱くなってるし…恥ずかしい、、
やっぱり誰かにあのことをちゃんと聞いてもらって、スッキリしたくて。



ユイとマサキに…って思ったけどあんまり重たい話するのもねぇ、ってなって先生にとりあえず言うことにした。


でもなんか緊張する。うまく話せるかな…。