無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

46

6時間めが終わって。なんか今日すごいボーッとしてたなぁ、授業中当てられて何も聞いてなくてすごい恥かいたし。


どうやって言おうかなーってずっと考えてたからしょうがないよね。結局決まってないけど…




(ユイ)「ねー、またボーッとしてんの?どうしたのよ、今日」



あなた「んー、ちょっと悩み事」



(ユイ)「それなら私に打ち明けちゃいなさいよー」



あなた「うーん、かなり重い話だけど…」


(ユイ)「なおさら聞くよ!ここじゃ話しにくいならどっか行ってからで良いし」


あなた「うん、じゃー私の家で」



(ユイ)「いいよ、どうせ暇だし」



あなた「わかった、そのまま来る?」


(ユイ)「そうしよっかな」