無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

48


(ユイ)「えーなんかドキドキするそれ!放課後に?あのイケメン先生と2人で?!」


あなた「そうなんだよねぇ…」


(ユイ)「え?いつものなら、なんでユイがドキドキしてんの!って怒るのにどしたの?え、もしかして…」


あなた「うん、なんかドキドキしちゃうんだよねーなんでだろ」


(ユイ)「いや分かりきってるじゃーん、恋してんだよ、先生に」


あなた「恋?私が先生に?」


(ユイ)「そう。うわー遂にあなたが、ねぇ」


あなた「緊張かなーって思ってるんだけど、なんか泣いちゃったらどうしようとか色々考えちゃうし」


(ユイ)「よし、今日は恋バナに切り替え!桜井先生について!」


あなた「聞いてないし…。あ、こんな時間、ユイ帰らないとじゃない?」


(ユイ)「あーーー!弟のお迎え行かなきゃだった…帰る!ごめん!恋バナはまた明日ね〜」


あなた「もう、なにやってんのよー(笑)ありがとね、聞いてくれて」