プリ小説

第7話

ヒトカゲ
私は今日も、いつも通りに登校した。





望と流星と合流し、学校へ向かう。





歩いていた時、後ろに視線を感じた。
あなた

ん?

小瀧望
小瀧望
どうした?
あなた

誰か居たような…?

藤井流星
藤井流星
気のせいやろ。
あなた

うん…ごめん!

藤井流星
藤井流星
おう!
小瀧望
小瀧望
行くで。
あなた

うん!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

N・J◢
N・J◢
ジャニーズ・坂道オタク。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る