無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

誠の🏠 その2
木下誠 (きのした まこと)
萌唯

俺 我慢できない

早くヤろう
小田原萌唯 (おだはら めい)
うん❤️
木下誠 (きのした まこと)
萌唯

(キスをする)
小田原萌唯 (おだはら めい)
あっ//

んっ//
木下誠 (きのした まこと)
(舌をからめる)

(キスをしながら下を触る)
小田原萌唯 (おだはら めい)
んっ//

あっ//

あん//
木下誠 (きのした まこと)
キスしただけでこんなに濡れて

萌唯 どんなにエロいんだよ//
小田原萌唯 (おだはら めい)
誠のキスが上手すぎるからだよ❤️
下からクチュ クチュした音が聞こえてきた!
木下誠 (きのした まこと)
(萌唯の下をかき回した)
小田原萌唯 (おだはら めい)
んっ//

あっ//

いやん//
木下誠 (きのした まこと)
萌唯

俺も気持ちよくして
小田原萌唯 (おだはら めい)
うん❤️

(誠のモノを上下に動かしながら口に咥えた)
木下誠 (きのした まこと)
ヤバい//

我慢できない//

萌唯 入れていい?
小田原萌唯 (おだはら めい)
いいよ❤️

(足を広げる)
誠は萌唯の中に入れた
小田原萌唯 (おだはら めい)
あっ//

んっ//

あっ//
腰を激しく動かした
小田原萌唯 (おだはら めい)
あっ//

あっ//

んっ//

らめぇ//

イク…
萌唯はイってしまった!

萌唯は中にドロドロの液体がいっぱい出た!