無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

♯3 ライヴ当日&出会い
あなたと心優は朝早くからグッズ販売に並んでいた。
目当てのものを買うために。

あなた

いよいよ、ライヴだよー!
あー楽しみすぎる❤

心優
そうだねー❤
ちゃんと目に焼き付けなきゃ!
私たちはお目当てのものを買えたので、
まだ時間があるし、ランチをすることにした。

あなた

全部おいしそー!
何食べようかなー😋

すると、聞き覚えのある声が後ろから聞こえた。
岩田剛典
ここは○○が美味しいみたいですよ!
あなた

あ、そうなんですかぁ。




え。えぇ!?
ど、ど、どうしてここに?いらっしゃるんですか?

心優
えー!
びっくり!
岩田剛典
あっはは笑
そんなに驚かなくても😁

これから、リハーサルとかなんで、その前に腹ごしらえに(^ー^)
あなたの心の声
(あー素敵な笑顔だなぁ。この笑顔を見ると私はなんでも頑張れるんだよなぁ。)
岩田剛典
浴衣、似合ってますね😊
これからライヴに来てくれるんですか?
あなた

は、はい!!
行きます!
アリーナ当たりました!

岩田剛典
そうなんだ!
嬉しいなぁ、かわいくて目立つと思うから絶対見つけるね!
ライヴたくさん盛り上げようね😊

あ、お名前聞いておこうかな
あなた

あなたです!

心優
心優です!
岩田剛典
あなたちゃんと心優ちゃんね😃
覚えておくよ!

じゃあ、またね☺