無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

♯11 ドキドキの遊園地(続き…❤)
ジェットコースターの順番が次になった。
私はこわくて胸がドキドキしすぎて無言になっていた。
それに気づいた臣君が声をかけてきてくれた。
登坂広臣
あなた…?
大、丈夫か??
あなた

う、うん…
多分大丈夫😅

登坂広臣
あんまり無理するなよ?
嫌なら待っててもいいんだぞ?
あなた

大丈夫!
(小声)待ってる方が寂しいから…

登坂広臣
ん?なんて?
あなた

あ、いや!
なんでもないよ!
ありがとう😊

臣君(本当は聞こえてるんだけどな…可愛いこと言うなよ///)



すぐ後ろで羨ましそうにこちらを見つめる剛典に私はまだ気づかなかった。

ジェットコースターに乗ってるとき 私は怖くてつい臣君の手をぎゅっとつかんでしまった。

ジェットコースターを乗り終えて私は臣君に謝った。
あなた

おみくん!
ごめんなさい…
つい、こわくて、、
手をつかんじゃった…

登坂広臣
いや、いいんだよ~☺
可愛かったし~!
今市隆二
えぇ!?
そんなことあったの!?
羨ましい!
俺らなんて叫んでただけだよな!?笑
心優
そうだよー!
ずるーい。
うちも臣の隣がよかったのに~!
岩田剛典
まぁまぁ…笑
次、いくか?
あなた

うん、いく~!

次はお化け屋敷に行くことになった。
あなた

私、おばけも無理だぁ…

心優
うちも無理だよー(T-T)
臣~
隣で一緒にいこう?
登坂広臣
いいよ~
一緒に行こうか😊
今市隆二
じゃああなた!
俺たち一緒に行こっか!
岩田剛典
え!まって、
また俺一人かよ~?
あなた

あ、私は任せるよ!💧

岩田剛典
じゃあ、次、観覧車のるとき
一緒に乗ろうね、あなた!
あなた

うん!わかったよー!

登坂広臣
じゃあ、いこう!
私たちは、
臣&心優ペア、今市&あなたペア、剛典一人になった。
5人ではいって1番前に今市&あなたペア
真ん中に剛典
後ろに臣&心優ペアで入った。


私は怖すぎて、途中何度も今市くんに抱きついてしまった。
その時はなにも思わなかったが、
お化け屋敷をでてすごく恥ずかしくなった。
今市隆二
ふふっ。
すごくびっくりしてて
抱きついてきてかわいかったよ😊❤
あなた

そ、そんなぁ。
今考えると
恥ずかしすぎて///

剛典(ずるいなぁ…あなたに抱きつかれるなんて)

まだ私は知らなかった。
剛典がずっと嫉妬していたなんて…。