無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第15話

♯14 2人で買い出し
今は秋。
長袖でも夜は少し寒い。
あなた

う。さむーい。
やっぱり上着着てくればよかったなぁ。

パサッ。
片に今市くんの上着がかかった。
あなた

え?

今市隆二
これ着てな😊
俺は大丈夫だから!
あなた

え、でも…
今市くん、風邪ひいちゃうよ?

今市隆二
俺は大丈夫!
あなたちゃんが風邪ひくほうが
心配だからさ!
あと、俺のことはしたの名前で呼んでよ!
あなた

わかった…隆二くん…///
ありがとう//

私は今市くんの優しさを
あらためてかんじていた。


そのころ臣君の部屋ではー。
岩田剛典
お風呂お先ー!
ありがとな!
次はいっていーよ!
登坂広臣
はいよー。
次誰はいる~?
岩田剛典
待って。あれ?
あなたと隆二は?
NAOTO 片岡直人
あぁ。
2人ならコンビニに買い物にいったよー!
あなたちゃんがアイス食べたくなったんだって!
岩田剛典
え?2人でいったの?
登坂広臣
そうだよー。
隆二がついていくって言って。
剛典(まじか。もっと早く風呂出てたらな。)




そのころ2人はコンビニで買い物を終えたとこだった。

コンビニ店員
『ありがとうございましたー。』
あなた

私、アイス食べよーっと!
隆二くんも食べる?

今市隆二
じゃあ、あそこのベンチで
一緒に食べようか!
話したいこともあるし…。
あなた

話したいこと?

今市隆二
まぁ、とりあえず
座って食べよ?
俺、アイス好きー❤
あなた

この季節に食べる
アイスもわるくないよねー!

今市隆二
そうだねー!
あのね…話って言うのは…
あなた

うん…どうしたの?

今市隆二

いや!
やっぱり何でもない!
寒いから早く帰ろうか!
あなた

え!?何ー!?笑
きになるじゃーん!笑

今市隆二
ふふっ。
また今度な~笑
あなた

もー。
しょうがないなぁー。笑
じゃあ今度、絶対
聞かせてよね!

今市隆二
よしっ!
あなたちゃんも食べ終わったし
そろそろ帰ろうか!
ほら!手だして!
手繋いだ方があったかいだろ!
ぎゅ。
隆二くんが私の手を握ってきた。
あなた

え、あ、うん///
ありがとう。
帰ろっか😊