無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,578
2017/11/23

第12話

11
神「でも学校とか辛いな、」









あなた「でもしょうがないよ」









藤「俺も頑張って手伝うわ」









あなた「ありがとう」









神「ピアノは?」









あなた「弾くよ?

当たり前じゃんw」









小「今日も?」









あなた「うん」









藤「じゃあはい」









藤井くんは手を出してきた









あなた「ありがとう」









もう足が動かないから、









あんまりいい曲は弾けなくなってしまった









いつまで、









♪〜









弾けるのかな














〜♪









神「今日は止まらんかったやん」









あなた「うん」









でも、なんか嬉しくない、









前まで、









完璧に弾けたからすごいと言われた









ALSが分かって、









足と手が動きづらくなると、









曲が止まったりした









続けて弾いて、









弾き終わったら頑張ったねと言われた









足が動かなくなって、









ペダルが踏めなくなっても









最後まで弾いたら









今日みたいなことを言われて、









褒められるレベルがどんどん下がって行く









哀しくなる









哀しくて









涙が出そうになる









でも、それをぐっと堪えて









毎日ピアノを弾いている









褒められるレベルがどれだけ下がっても