無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,531
2018/03/10

第15話

14
中間said









母「あなたが、自分で起きれなくなりました、」









中「え、」









まさか、









進行がこんなに早いなんて、









あなた「腕が、あんまり動かなくて、」









あなたの腕は、









震えるように指が動くくらいで









指もほとんど固まっとるけど、









上腕も前腕もほとんど動いていない









中「あなた、こんなこと言いたくないんやけど、

入院したほうがええと思う」









あなた「入院、」









中「これから、その、

そんな体じゃ、学校も行けへんと思う

入院したら、あの、いつ、何があっても対処出来るから」









あなた「うん、分かってる、」









中「入院、するでええな?」









あなた「、、、、うん」









母「あなた、お母さんも出来るだけ毎日来るからな

あんたも、頑張り」









あなた「うん、」









中「ほな、病室今空いとるから

今日からな」









母「ほなお母さん服とか持ってくるからな

ちょっと帰るな」









あなた「うん、」









母「それじゃ先生、お願いします」









中「はい」














あなた「ねぇ、淳太くん」









中「ん?」









あなた「私、あとどれくらい?」









『どれくらい』









これは、









あなたを安心させた方がええのかな









それとも、









しっかり伝えた方がええのかな









あなたの進行は驚くほど早い









このまま行けば、









年内まで持つか、









それも分からん









あなた「ピアノ、弾きたい」









中「弾きたい?」









あなた「うん」









車椅子の向きを変え









いつもの部屋に向かった