無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ラーメン屋の、うどん。
シンタロー
腹減ったな、、、
マル
ラーメンが食べたいです
エル
私も!私も!
マル
!ここの店、ラーメンが有名見たいですよ?入ります?
エル
入る入る!
ガラガラガラッ
うどん
いらっしゃいませ〜
シンタロー
(可愛い、、、)
うどん
私、このラーメン屋の看板娘、うどんです!
ご注文はお決まりですか?
マル
(ラーメン屋なのにうどんって、、、)
ラーメン屋の看板娘がうどんか、、、
とかそういう事を考えていると
エル
私、醤油ラーメンで!
マル
私は塩で
シンタロー
えっあっじゃあ、俺は、味噌で
うどん
了解です!
マル
、、、シンタロー、狙ってます?
シンタロー
、、、よく分かったな
マル
(〃゚艸゚)プッ
うどん
お待たせいたしました〜
なんだこれ
食文化の違いか?
何か、タランチュラみたいなのいるんですけど
エル
わぁ〜!タランチュラがこんなに!イモリにヤモリまで!
マル
わぁ、、、!
えっ?これ、食うの?
、、、無理何だけど。
受付ないんだけど。
エル
シンタロー、食わないの?
貰っちゃうよ?
是非貰って欲しいな…
シンタロー
やる、、、
俺は、ちょっと、腹痛いわ
マル
そうですか。
では、遠慮なく
そして俺には、やらなければならない事がある。
シンタロー
うどんさん!
俺たちのパーティーに入りませんか!?
うどん
へ?
だよな…
まあ、無理か
うどん
是非!
へ?
シンタロー
まじですか?
うどん
はい!
誘って貰ったの初めてです!
私、魔法使いssのエルフの、うどんです
今日からよろしくお願いします!