無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第3話

意識
あれから1ヶ月。

僕は1か月前にゆうとちゃんと話した。

でも、それも普通の会話じゃないって言うか、

家庭科室はこっちだヨっていっただけ。

でも僕はあのこの笑顔を見るたびに元気をもらう。

ははっ。僕ってバカだ。

彼氏でもないのに嫉妬してる。

本当にバカだよ。

✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄

あの出来事から1ヶ月。

私は、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

木葉
木葉
小説下手です! 現実を元にしてます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る