無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

大統領役のお姉ちゃんN-ONE
記者
記者
江主席、董長官の再任について思われますか?
N-ONE
N-ONE
ええや。
記者
記者
中央も彼のことを支持されますか?
N-ONE
N-ONE
そうだよ。もちろん。
記者
記者
ならどうしてそんなに早く指名なさったんでしょうか?ほかの立候補はいらっしゃいませんか?
記者
記者
EUが最近発表したある報告書によりますと…えっと…北京は特定の手段によって香港の法治に影響し、干与を与えるかもしれません。この報告書についてどう思われますか?
N-ONE
N-ONE
聞いたこともないね。
記者
記者
パッテン氏がおしゃったことですが。
N-ONE
N-ONE
パッテン氏がおしゃったから本当のことなのか?君マスコミさんたちは注意したまえ。決して「風吹けば雨」っていう先入観を持ってはいけないよ。こういう情報を手に入れても自分で判断すべきだよ。わかってる?もしこういう…全くねつ造のことが、君に二度と広けられたら、君たちにも責任があるじゃないか。
記者
記者
現在こんな早いうちに董長官への支持を公表されたら、董さんを内定や欽点(インテン)したような気がなさいませんか
N-ONE
N-ONE
全くそういう意味はない。依然として香港の…基本法、選挙法に基づいて、選出すべき…
記者
記者
ですが先……
N-ONE
N-ONE
先、尋ねてくれた時に「無可奉告(ノーコメント)」ってコメントしたら、君たちには気に入らないだろう。じゃどうする?
記者
記者
では董長官が……
N-ONE
N-ONE
ワシが言ったのは、彼を欽定(=欽点)したという意味じゃない。支持す…支持するかどうかを尋ねてくれたら、「ワシは支持する」とはっきり回答してあげる。
記者
記者
江主席……
N-ONE
N-ONE
君たちはね、ワシは…君マスコミ業界さんたちはまだ学ぶ必要があると思う。西洋の value にはよく熟れてるね、君たちは。ただし、まだ too young だ。分かる?言っておくけど、ワシこそこういうことをよく見てきて、百戦錬磨だぞ!ああ、ワシが行ったことない西洋の国はあるか?あっちのマスコミさん…アメリカのウォーレスさん、君たちよりどれぐらい高(すぐ)れたかは分からんよ。あっ、ワシは彼と談論風発していたよ。だからマスコミさんは、自分の知的レベルを高めないといけないんだよ。分かってる…知ってやん?
N-ONE
N-ONE
えー、ワシも君たちのことを心配していたんだよ、本当に。
N-ONE
N-ONE
君たちは、その……君たちには取り柄が一つある。世界中のどこにも、西洋の記者より走りがずっと速い!しかし、取材で繰り返す質問は too simple、あっ、sometimes naïve!知ってた?
記者
記者
では江主席……
N-ONE
N-ONE
知ってんやん?
記者
記者
せめて董長官を支持なさる理由を聞かせていただけませんか?
N-ONE
N-ONE
すまない。今日は一人の長者(年長者の意)として君たちに教える。ワシはマスコミ業者じゃないが、見過ぎよ。君たちにいくつかの、人生(ニンジン)の経験を、教えとく必要がある。
N-ONE
N-ONE
先から、ワシはずっと…君たちに会うたびに「悶声発大財」(こっそりと千金を得るという意味)という中国のことわざを言いながら、そのまま黙っていきたかったんだよ。これこそ最高(サイホウ)だ!しかし、君たちの熱意を感じると、一言も言わずにすんじゃよくもないと思うから、先君はどうしても…もし君たちのニュースに偏りが出てしまったら、責任問われるぞ。ワシは「欽定する」なんて言ってない。少しでもそういう意味がない。しかし、支持…敢えて董長官を支持するかどうかって…わしに尋ねて。支持しない理由はないじゃないか。在任の特首(とくしゅ)(行政長官の略)、我々が支持しない訳には?
記者
記者
再選の場合は?
N-ONE
N-ONE
そやろ。
N-ONE
N-ONE
再選しても香港の法律に基づくべきだ。そやろ。香港の…もちろん我々の決定権も大事だ。香港特区…香港特別行政区は中国…中華人民共和国の中央人民政府に属する。まあ、そんとき我々は立場を表明する。
記者
記者
ですが…
N-ONE
N-ONE
分かるだろう。
N-ONE
N-ONE
君たちはなあ、スクープをでっち上げようと思うなよ。「今は既に欽定なさった」とか言って、ワシをさんざん批判しやがって。
記者
記者
いや、ですが…
N-ONE
N-ONE
君たち、naïve!
警備員
警備員
もういいですからいいですから……
N-ONE
N-ONE
I'm angry!君たち、こんなんじゃダメだぞ!
警備員
警備員
これでは皆さん、ご退場お願いします。
N-ONE
N-ONE
私は今日君たちのご機嫌を損ねたって!