無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

出会い〔水色と黄色と赤と緑の女神編〕
あなた

雪穂ちゃーん!亜里沙ちゃーん!
お待たせー!

校門近くで待ってくれている、雪穂ちゃんと亜里沙ちゃんに手を振って近づいて行くと、あの人が!
絢瀬絵里
絢瀬絵里
ん?
あの子が亜里沙たちが話してたあなたちゃん?
絢瀬亜里沙
絢瀬亜里沙
そうだよー!
あなたちゃんね、お姉ちゃんの大ファンなんだって!
絢瀬絵里
絢瀬絵里
えっ!
本当?嬉しいわ!
あなた

あわわわ!
絢瀬…ええええ絵里さん?!

絢瀬絵里
絢瀬絵里
そうよ!
亜里沙がお世話になりました!
そう言って微笑む絵里さんにまた、心打たれ頭の中がパニックになった
そして、またまた大変なことに
???
あーっ!
絵里ちゃんだにゃー!
後ろを振り向くと、μ’sの1年生だったメンバー、
星空凛さん
小泉花陽さん
西木野真姫さん
が帰ろうとしているところだった。
星空凛
星空凛
絵里ちゃん久しぶりだにゃー!
西木野真姫
西木野真姫
そうね。
なかなか会えないんだもの。
小泉花陽
小泉花陽
あれ?
あなたは?
高坂雪穂
高坂雪穂
瀬田あなたちゃんです!
転入生で、仲良くなったんです!
絢瀬絵里さんに会えた嬉しさでパニックになっている私の代わりに雪穂ちゃんが答えてくれた。
あぁ、なんかごめんね。
小泉花陽
小泉花陽
そうなんだ!
転入生かー!
大変かもしれないけど、私たちのこといつでも頼っていいからね!
あなた

あああ…ありがとうございますぅ!

西木野真姫
西木野真姫
もしかして、緊張してるの?
絢瀬亜里沙
絢瀬亜里沙
多分、そうだと思います。
あなたちゃん、μ’sの大ファンだったから。
星空凛
星空凛
あはは!ありがとにゃー!
でも、緊張しなくていいにゃ!
西木野真姫
西木野真姫
特に凛は2年だけど1年みたいなもんだから。
星空凛
星空凛
えーっ!
真姫ちゃん、ひどいにゃー!
絢瀬絵里
絢瀬絵里
ふふ!
なんか、この感じも久しぶりね!
小泉花陽
小泉花陽
うん!そうだね!
この感じ自体はいつもの風景なんだけど、絵里ちゃんがいることがなんかいつもと違うっていうか。
どうやらμ’sの皆さんは、本当に仲良しらしい。
絢瀬絵里
絢瀬絵里
今日はこのメンバーで帰らない?
寄り道でもしてね!
星空凛
星空凛
あっ、それいいにゃー!
絢瀬亜里沙
絢瀬亜里沙
亜里沙も賛成だよー!
みんなが賛成を示し、決定。
小泉花陽
小泉花陽
私!久しぶりにあのゲームセンターに行きたいな!
絢瀬絵里
絢瀬絵里
それ!
私も思ってたとこなの!
それでいいかしら?
またもや、みんなが賛成を示し、秋葉原の中心部へみんなで向かうことになった。