無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

サボり
あなた:紫耀ーくん!

紫耀くん:あなた今日はどうしたん?

あなた:教室にいるとえらい
つぎ授業休む〜

紫耀くん:ええけど単位大丈夫なん?

あなた:担任が大丈夫だって〜

紫耀くん:じゃあ先生にゆってこなあかんで

あなた:行くのめんどくさい〜
電話して〜

紫耀くん:めんどくさいって…
あ、先生橋本さんがしんどいらしくて……




はいすいません



紫耀くん:じゃああなたベッドに寝て

あなた:寝たくはない

紫耀くん:じゃあおれと話しとくか

あなた:話しとこ〜
紫耀くんいつもの入れて〜

紫耀くん:お前な〜カフェ屋じゃないねんで!
保健室やで

あなた:知ってるよ!ねえ早く〜

紫耀くん:はい、いつもの

あなた:やった!
あっつ!いけど美味しい
紫耀くんが作ってくれるレモンティー好き美味しい