無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

また保健室
あなた:紫耀くん来たよ!

紫耀くん:くるのはやいねん!
さっきあがったばっかりやろ

あなた:一番に教室でてダッシュでここに来た
疲れたよ〜だからーレモンティーを……

紫耀くん:よー飲むなー笑
そんなに飲んであきない?

あなた:あきない
紫耀くんが作ってくれたレモンティーだもん
毎回微妙に味違うし笑

紫耀くん:なんやねん



先生:平野先生ちょっと来てもらっていいですか?

紫耀くん:あの件ですか?

先生:はい職員室まで来てもらってもいい?

紫耀くん:分かりましたすぐ行きます
あなた、そうゆう事やから今日は家に帰り