無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

LINE
ピロン



あなた:紫耀くんからだ!
紫耀くん
紫耀くん
あなたごめんな
用事あることすっかり忘れとってん
言い忘れとった😦

明日は何もないから明日こそおいでや?
ちゃんと大好きなレモンティー
作ってまってるから
あなた:ほんとは生徒と先生LINEしたら
行けないんだけどね
誰にも言わないこと条件に
とくべつに教えてくれたんだよね






ピロン

紫耀くん:あなたや
あなた

紫耀くんお疲れ様!!
全然大丈夫だよ!

やったー(≧∇≦)
もう紫耀くん大好き
じゃあ紫耀くんの大好きなおかし
持っていくねー!!

優しすぎやろ