無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

知られざる魔法

エーシュカが自由自在に猫から人間、人間から猫というふうに姿が変われるようになったのは、たくさんの猫たちが住んでいる「猫の国」で習った魔法。

その力を人間の世界で使うのは禁止とされているらしく、あえてエーシュカはその約束を破ったみたい。


猫の国はどんな感じなの?とか、キャットフードはおいしいの?とかいろんな質問には答えてくれたんだけど、唯一、その「約束を破った理由」は教えてくれなかった。
あなた

猫っていうのも意外と大変なんだね

あなた

全然知らなかったよ…

私はそう言いながらうーんと伸びをする。

気がつけばもうカーテンからは太陽の光がもれていて、時計を見ればもう朝の7時前。ずっとエーシュカの話を聞いていたから、あっという間に朝になっていた。
お母さん
あなたー!起きなさい!朝ごはんよー!
一階から聞こえてきたお母さんの声。

私は思わずエーシュカの方を振り返る。
エーシュカ
そろそろ猫の姿に戻らないとだめだよ、って?
な、なんで私の心の声が読めたんだろう。と不思議がっているうちにエーシュカは猫の姿に戻ってしまった。


なんだか、人間の姿に見慣れてしまって、次は猫の姿になっているほうが、違和感を感じてしまう。
本来の、エーシュカの姿はこっちなんだけどね…


そしていつも通り、エーシュカを抱きかかえて、階段を降りる。朝ごはんは一緒に食べるのだ。

しかし、さっきまで隣にいたあの金髪男がこんな愛くるしい猫だなんて考えられないよほんと。


エーシュカは私の腕の中で、気持ちよさそうにしていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ㅤmm
入賞者バッジ
ㅤmm
いいね、お気に入りをくれる方々に感謝の気持ちでいっぱいです。いつもありがとうございます(/ _ ; ) 皆さんに楽しんで読んでいただけたら嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る