無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

惚れたでしょ5
101
2017/12/29 17:05
「よしっ!これでいいかな?」

「いいっしょ!」
「いいとおもうよ!」
「いいよいいよぉ〜!」
「いいんじゃない!」

揃ったのか揃ってないのかわからないけど、みんなが同時に答えてくれる。

「じゃあ、島仲先生のとこ確認もらってくるねー」

「いってら〜」

いくつかの班は私達より早く終わったらしく島仲先生の前には列ができている。

「正門前に集合してどうするの?児童のみんなは登校してくるんだよ? もう1回よーく考えてきて! はい次ッ!」

声がきこえてくる。
先生も頑張ってんなぁ。
あの落書きを見られた日から妙に先生のことが気になってしまう…。

廊下ですれ違ったときのいい香り

授業のふと気を抜く一瞬

集会中に前で立つ人の冗談を笑った顔

野球部でノックを打つ姿

先生も人なんだ。って実感できて…
それがなんだか嬉しくて…
とうとう私はおかしくなったのかもしれないな…

「……ちさん……s内さん……橋内さん」

「あなたちゃん!」

後ろの人に肩を叩かれる。

「……橋内さん。キミ何回呼んだと思ってんの?笑」