プリ小説

第54話

最終話……😢💭💕
ANNA(主)
ANNA(主)
最近投稿できてなくてすみません!
仕事がやっと明日休みなので投稿しますね!
待っていてくれた方がいるかはわかりませんがお待たせしました!
それとお伝えし忘れてて申し訳ないんですが、今回が最終話になっております!
それでは本編をどうぞ!

(。-ω-。)------------------キリトリ線-----------------(。-ω-。)
企画の募集をして◯◯がいなくなってから丸2年が経った。

抽選では200万人の応募が寄せられ100名が選ばれた。

そしてシルクとンダホ、マサイ、モトキは場所を確保する為にUUUMの近くにある体育館に来ていた。
マサイ
マサイ
ここの体育館に来るの2回目だなーw
モトキ
モトキ
懐かしいよねーwww
シルク
シルク
ここで去年も大人数企画したからなー
ンダホ
ンダホ
おじさん優しくてよかったね!
まさか今回も貸してくれるとはw
シルク・マサイ・モトキ
シルク・マサイ・モトキ
確かにwそれは言えてるわw
シルク
シルク
そんじゃ!受付に行くか!
ンダホ
ンダホ
そうだね!
〜受付に向かう〜
マサイ
マサイ
こんにちわー!
管理人のおじさんいますかー?
管理人のおじさん
おぉ!魚釣りさんじゃったかな?
今年も来てくれたんだねw
今回もいっぱい人を呼んでくれてワシも嬉しいよ!
ンダホ
ンダホ
魚釣りさんじゃなくてFischer'sですw
管理人のおじさん
なに!?Fish???
シルク・ンダホ・マサイ・モトキ
シルク・ンダホ・マサイ・モトキ
wwwwwwwww
モトキ
モトキ
Fischer's!ですw
管理人のおじさん
あー!ワシは横文字はわからんぞw
シルク
シルク
それならお魚さんで大丈夫ですwww
管理人のおじさん
そうかそうかwww
あ、今日はどうしたんじゃ?
マサイ
マサイ
今日は久しぶりに体を動かしたいって言うのと、今度ここをいっぱいの人と使わせて頂くのでその予約をしに来ました!
管理人のおじさん
そうかいw
予約はいつにするのかね?
マサイ
マサイ
2月25日にお願いします
管理人のおじさん
おぉwその日なら空いとるから大丈夫じゃぞ!
シルク
シルク
じゃあ、その日にお願いします!
管理人のおじさん
了解じゃ(^ω^)
管理人のおじさん
それにしてもお前さん達。
もう少しはよー来てたらべっぴんさんに会えとったのに残念じゃったなーw
ンダホ
ンダホ
べっぴんさんってwww
モトキ
モトキ
どんな子なんですか?
管理人のおじさん
礼儀はちゃんとしてるし気のきく子じゃぞー!
マサイ
マサイ
何か会ってみてーなw
シルク
シルク
そうか?wwww
管理人のおじさん
まぁ会ってみたいなら明日来てみたらいいw
もしかしたら来るかもしれんからなw
シルク
シルク
それなら予定が早く終われば来ますねw
管理人のおじさん
そうかいそうかいw
そら!お前さん達も遊んできなさいw
シルク・ンダホ・マサイ・モトキ
シルク・ンダホ・マサイ・モトキ
はい!失礼します!www
〜体育館に遊びに行った〜
ンダホ
ンダホ
いやぁーwおじさん面白かったねw
シルク
シルク
俺の中では魚釣りさんってが1番笑えたわwww
マサイ・モトキ
マサイ・モトキ
あれはやばかったwwww
モトキ
モトキ
あ、明日はここに来るの?
ンダホ
ンダホ
んー…どうする?
シルク
シルク
みんな予定終わって暇だったら来ようぜ!
企画までに体慣らしとかねーと当日きついからよw
マサイ
マサイ
そうだなwwww
そう言って4人はバスケを楽しんだ。

そして個人の家に帰り朝早くからの予定のために眠りについた。
〜翌日の夕方〜
今日もシルク、ンダホ、マサイ、モトキは体育館に来ていた。
シルク
シルク
おじさーん!
今日も来ましたよー!www
管理人のおじさん
おぉ!いらっしゃいw
マサイ
マサイ
昨日言ってた子はいるんですか?w
管理人のおじさん
あー…その事何じゃがな。
あんまり人と会いたくないらしくてなー…(^ω^;)
じゃから、あまり人のいないこの時間にしてるらしくてね。
モトキ
モトキ
何で人と会いたくないのかな?
ンダホ
ンダホ
わかんない…
シルク
シルク
おじさん。
何で人と会いたくない。とかって理由言ってたりしましたか?
管理人のおじさん
あー…なんか言っとった気がするのー…
何じゃったかな?
えーっと……あ!思い出したわいw
シルク
シルク
なんですか?
管理人のおじさん
何かのー、1ヶ月前ぐらいに手術とリハビリを終えて東京に帰って来たらしくてな。
体はなまってるし下手なバスケを人に見られるのが嫌って言ってたぞ?
シルク・ンダホ・マサイ・モトキ
シルク・ンダホ・マサイ・モトキ
《手術…?リハビリ…?》
モトキ
モトキ
あの…東京に戻ってきたって言ってましたけど、その前の手術とかリハビリではどこにいたんですか?
管理人のおじさん
どこじゃったかな?
でも海外じゃったのは確かじゃよ!
マサイ
マサイ
………その子って身長とか髪型とか顔付きってどんな感じですか?
管理人のおじさん
身長は小柄じゃよw
見た感じ150cmぐらいじゃないかのー…
髪型は長めで顔付きは目がぱっちりしてて可愛らしい顔じゃぞ!
シルク
シルク
………っ!まさか!
ンダホ
ンダホ
…あ!シルク!
シルクは走り出した。
心の中で◯◯かもしれないという気持ちて出てきて無我夢中で体育館へと向かった。
そして体育館の扉を開けた目の前には……
シルク
シルク
嘘だろ……
ンダホ
ンダホ
…ちょ、シルク…早いよ|´Д`ハァハァ
ってどうしたの?……え。
マサイ
マサイ
お前、いきなり走っていくなよ
って2人してどこ見て……っ!
モトキ
モトキ
…どうしたの?そんなに急い…で。
本当に…?
シルク
シルク
◯◯……
あれって…◯◯だよな?
マサイ・モトキ
マサイ・モトキ
……うん
ンダホ
ンダホ
……◯◯…ちゃんだ。
そして4人の視線が届いたのか。
◯◯は振り返った…
あなた

何か視線感じるなー《振り返る》
ん?………え。何で…ここに…

シルク
シルク
◯◯……
あなた

……っ。

シルク、ンダホ、マサイ、モトキは◯◯に駆け寄った。

だが……
シルク
シルク
◯◯…だよな?
あなた

……あ、えっと…すみません。
私帰るんで……

マサイ
マサイ
…え?待って!
モトキ
モトキ
帰らないで!
ンダホ
ンダホ
◯◯ちゃん!行かないで!!
あなた

……し、失礼します。

そう言って立ち去ろうとした◯◯だったが…

《ガシッ!》

シルク腕を捕まれ止められてしまった。
あなた

《ビクッ!》

シルク
シルク
行くなよ……。
なんでまた…いなくなろうとすんだよ…
あなた

……私は…私はもうFischer'sのメンバーじゃないから…。
見ないようにしてるけど皆の事は応援してるただのウオタミだから…
だから…こんなとこ見られたら大変でしょ…?

モトキ
モトキ
…そんな事ないよ
マサイ
マサイ
…俺らは◯◯が戻ってくるのをずっと待ってた。
ンダホ
ンダホ
……◯◯ちゃんはもうFischer'sのメンバーじゃないと思ってると思うけど…
シルク
シルク
……◯◯の事は脱退させてねーから。
あなた

……っ!な、なんで!?
私!皆に嘘ついて!騙して!内緒にして!いきなり姿を消したんだよ!?
それに…タヒぬかもしれないから脱退するって伝えたよね!?

シルク
シルク
お前が嘘ついたのも、騙したのも、内緒にしてたのも、いきなり姿消したのも…全部俺らのためだって知ってんだよ!
シルク
シルク
それに……現にお前は生きてる。
タヒぬかもしれない?そんなの関係ねぇーんだよ。
俺らは皆。お前が成功して生きて帰ってくるって信じてたんだから。
ンダホ
ンダホ
…だから◯◯ちゃん。
マサイ
マサイ
Fischer'sに戻ってこい。
モトキ
モトキ
◯◯の居場所はちゃんとあるから心配しなくていんただよ?
あなた

……私…また、Fischer'sに…戻ってきても……いいの?

シルク・ンダホ・マサイ・モトキ
シルク・ンダホ・マサイ・モトキ
当たり前だろ!
あなた

……皆…ありがとう。

◯◯は涙を流した。

そして《ギュッ》

シルクに抱きしめられました。
あなた

……え。シ、シルク…?
どうしたの?

シルク
シルク
逢いたかった…
シルク
シルク
……ずっと…ずっと逢いたかった。
この2年…不安もあったけど…◯◯は成功するって思って帰ってくるの待ってた…。
あなた

シルク……

◯◯はシルクの事が無性に愛しくなり抱きしめ返した。

《ギュッ!》
あなた

シルク…信じてくれて……待っててくれてありがとう。

それを聞いたシルクは体を少し離し、◯◯の目を見て涙でぐちゃぐちゃな顔で笑いながらこう言った…
シルク
シルク
……◯◯。おかえり(٭°̧̧̧ω°̧̧̧٭)
すると◯◯も涙でぐちゃぐちゃになった笑顔で元気よく……
あなた

……シルク…ただいま(٭°̧̧̧ω°̧̧̧٭)!



そして◯◯はまたFischer'sとこれからを共に過ごしていった。







~END~









(。-ω-。)------------------キリトリ線-----------------(。-ω-。)
ANNA(主)
ANNA(主)
こんばんわ!おはようございます!こんにちわ!
ここまで読んで下さった方々ありがとうございます(❁´ω`❁)
皆様のおかげで最終話を迎えることができました!
本当にありがとうございます!

ここでなんですが、また別の小説を書こうか《シルクに恋して…》の番外編を書こうか悩んでます!
皆さん!意見をくださいませんか!?ww
新しい小説!って人。
番外編!って人。
もう両方みたい!って人。
いらっしゃいますか?www
できればコメント欲しいですwww

それでは、最後になりますが!
この挨拶で終わりとしましょう!

最後は◯◯の想い人のシルク!
一緒に挨拶して下さい!
いいですか?wwwww
シルク
シルク
りょーかい!任せろ!www
ANNA(主)
ANNA(主)
それでは行きます!

せーのっ!( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー
シルク
シルク
( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー
Fischer's全員
Fischer's全員
《シルク以外》
( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー!!!
またねー!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ANNA👄🦈
ANNA👄🦈
福岡に住む21歳🙌 語彙力、理解力ともに乏しいです🙇🙇🙇 Fischer'sのみんな好きだけど特にシルクにガチ恋中🙈💓///// シルクに会いたすぎて胸が苦しいなって何度も泣いたぐらい好きです😞💕…。 私の小説を参考にするのであれば一言下さい。 パクった等の揉め事を減らすためにご協力願います。 こんな私ですがよろしくお願いします🙇‍♀️🙌 ※ 他の主さまもしてますが、私もして頂きたいので書きます!w 私の小説好きだ!等を思って下さってる方は私の名前の後ろにある《👄🦈》を付けて頂けると嬉しいです😭💕 これはFischer'sのロゴをイメージしてます! さすがに絵文字にはなかったので…😅
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る