無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,188
2017/12/24

第26話

学校
はぁ...
学校行かなきゃダメなんだよね...
あのクラスには絶対入りたくないのに
あなた

いってきまぁす...

わたしは乗らない足取りで学校に向かった
ガラッ
し_______________ん......
気まずっ
とりあえず、自分の席に着きしょーくんの曲を聴くためヘッドホンをする
やっぱ良いなぁしょーくんの曲
♪〜〜〜
男子1
おい
肩を掴まれたので思いっ切り睨んでやった
男子1
お前さぁ、いい加減学校辞めれば?
あなた

あんたには、関係ないでしょ

男子1
はぁ!?
あなた

自分の席戻れば?

男子1
生意気なっ!
あ、ヤバ叩かれる!?