無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,193
2018/01/04

第28話

呼び出し
私が教室に入ると...
女子1
あなたってあのしょーたんと知り合いなの?
女子2
なんで蒼井翔太がここにいたの?
質問攻めしてきた。私に謝るとかないのかな
当然無視だけど
あんたらが無視してきたんだから、当然だよね
なんか騒いでるけど
先生
授業始まるぞー。席に着けー
あ、先生来た
やっと静かになる
3時間後___________________
早く講堂に行かなきゃ
拓篤
拓篤
「1年3組」
ん?うちのクラス?ってこの声てらしー!?
真守
真守
「宇佐見あなたさん、至急放送室まで来てください」
まもまで!?
っては?私?
拓篤
拓篤
「くりかえします。1年3組宇佐見あなたさん。至急放送室まで来てください」
え、なんで!?行きゃわかるか
私は急いで放送室に向かう
久しぶりに走るけどキツ
放送室に着くと勢いよく扉を開けた
ガラッ
あなた

はぁはぁ...ちょ、なにしてんですか!?宮野さん!寺島さん!

拓篤
拓篤
おぉー以外と遅かったねー
あなた

私の質問に答えてくださいよ!

健一
健一
俺たちは蒼井くんに呼ばれたんだよ
あなた

鈴村さん!?鈴村まで巻き込んで...

真守
真守
俺ら3人だけじゃないよ
あなた

まじですか...。ちょっとしょーくんのとこに行ってきます

拓篤
拓篤
頑張れー
頑張れって、なんで?