無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

保健室
〜あなたside〜
時雨 旭飛
時雨 旭飛
失礼します
旭飛に抱えられたまま保健室まで来てしまった。

他学年の人には指を刺されて見られるし、他クラスの子には野次を飛ばされる有様で・・・


旭飛は堂々としてたけど、私は無理だったよ・・・
時雨 旭飛
時雨 旭飛
先生いねぇな。
あなた大丈夫か?
あなた

う、、ん・・・////

赤面で、恥ずかしくて、曖昧な返事した出来ない。
時雨 旭飛
時雨 旭飛
わるい。
あなた

え・・・?

なんで急に謝るの?

旭飛は何もしてないじゃない。
時雨 旭飛
時雨 旭飛
無理やり抱えて悪かった
私をベットに下ろしながら重い表情で言う旭飛。
あなた

なんで謝るの?旭飛は私の事考えてくれて運んだんでしょ?まぁ・・・たしかに恥ずかしかったんだけど・・・

時雨 旭飛
時雨 旭飛
・・・あなた・・・無理やりされるの何に対しても嫌がるタイプだし。
あなた

え・・・なんでしってるの・・・

確かにそうなんだけど、

俺様系っていうの?

私はあまり好きじゃない。

なんていうか・・・無理やりされるとかやらされるとかがいや。
時雨 旭飛
時雨 旭飛
昔誰かに命令口調の奴がいてそいつの事いつものように嫌いって言い続けてたから。
あなた

そんな小さなことを・・・

旭飛からしたら何の変哲もないただの日常かもしれないけど、私からしたらそんな小さなことを覚えてくれていることが嬉しく思ってしまう。
時雨 旭飛
時雨 旭飛
何ニヤついてんだこら。
あなた

いはっ!

いつの間にかニヤついていたらしく・・・

頬を抓られました。


てゆーかめっちゃ痛いんですけど?!




涙目で訴える。
時雨 旭飛
時雨 旭飛
あ、わり。そんなに痛かった?
あなた

足より痛い・・・

時雨 旭飛
時雨 旭飛
えっうそだろ!ごめんごめん!え?大丈夫か?あなたちゃん泣かないでよ〜
あなた

あはははっ。うそ。慌てすぎだよ。《あーくん》

ほんっと慌てすぎ。

旭飛って余裕なくすと昔に戻る時あるよね?

今みたいに。


あなたちゃんなんて何年ぶりに言われただろう。



昔はあーくん、あなたちゃんって言ってたのになぁ。



私より弱気だった旭飛はもう面影さえなくすようにかっこよくなったなぁ・・・
時雨 旭飛
時雨 旭飛
あぁ・・・////だっせ・・・。あなたちゃんとか・・・はずっ・・・
床に膝立ちしていた旭飛は私の太ももにボフッと顔を付けた。
あなた

ひやっ・・・

旭飛が呼吸する度私の太ももに吐息がかかる。

足が痛いのも忘れるくらい私はドキドキしていた。
吉野 先生
足をくじいたのはだれ?!
タッタッタッと、保健室に入ってきた来た吉野先生。

私は旭飛を見た。





だが、旭飛は起き上がる仕草を一向にしない。




先生が来る・・・


そう思った時____
時雨 旭飛
時雨 旭飛
___だ・・・
シャーーーー
あなた

え・・・なに___

吉野 先生
何してるの?
言われるのは当たり前。



だってこの時間ほんとは授業だもん。
時雨 旭飛
時雨 旭飛
あなたが足くじいたんで連れてきました。
何事も無かったかのように淡々と答えた旭飛。
吉野 先生
そ、そう。じゃあ足をくじいた子はこっち来てくれる?君はそれ書いて置いて。
時雨 旭飛
時雨 旭飛
分かりました。あなた行ける?
あなた

う、うん。

試しに立つが・・・
あなた

あさっひ・・・

時雨 旭飛
時雨 旭飛
はぁ。
耳元でのため息は辛い。

でも、橘くんよりも力強く支えてくれるから安心できる。
吉野 先生
あらあら・・・ここに座らしてあげて?
時雨 旭飛
時雨 旭飛
はい。
あなた

ご、ごめん・・・

吉野 先生
はい、じゃあちょっと足見せてね・・・
そう言って先生は私の足を曲げたり回りたりした。

その数分後・・・
吉野 先生
あぁ・・・病院行きますか・・・。親御さんに連絡入れるから待っててね。
ガラガラガラ
時雨 旭飛
時雨 旭飛
大丈夫か?
あなた

うん。多分捻挫の酷い系だと思う。

時雨 旭飛
時雨 旭飛
そうか。
少しの間、沈黙が流れた。


その沈黙を破ったのは、私・・・







































うそ、旭飛だった。









































のではなく、先生でした。
吉野 先生
じゃあ、付き添いの子は教室に戻って、日夏・・・さんは、タクシーで行きましょう。
あなた

はい。

時雨 旭飛
時雨 旭飛
タクシーまであなたを送りましょうか?
吉野 先生
あ、じゃあお願い出来る?
時雨 旭飛
時雨 旭飛
はい。あなた乗って。
あなた

うん・・・ごめんね。

時雨 旭飛
時雨 旭飛
いいよ。しがみついとかねぇと落とすぞ
あなた

旭飛にギュッとしがみつき、保健室をでた。