無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

転校生
〜あなたside〜
女子達の黄色い声と共に入ってきた転校生


それは_____
小鳥遊  翼
小鳥遊 翼
小鳥遊 翼(たかなし たすく)です。
特技はバスケ。小学校上がる時、ここから大阪に転校して、また戻ってきました!よろしくおねかいします!
私と旭飛の幼なじみ。

翼でした。
柏木 先生
じゃあ・・・日夏の隣に座ってくれる?日夏も色々と教えてあげてね?じゃあ次の時間の準備して
先生が出ていった後、みんな翼に話しかけるのかと思ったら用意するまで待つ様子。

私も黙って見守ろう。


そう思っていたのに・・・__
小鳥遊  翼
小鳥遊 翼
久しぶり。あなた
話しかけられたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!




女子からの視線が痛い。



誤解です!

幼なじみなんです!

誰に言ってんのやか。
時雨 旭飛
時雨 旭飛
久しぶり翼。
小鳥遊  翼
小鳥遊 翼
おぉ旭飛も同クラやってんな。嬉しい
時雨 旭飛
時雨 旭飛
俺も、嬉しい。
なんか二人共顔が笑ってないんですけど・・・
あなた

ひ、さしぶりだね。翼。

ぎこちない笑顔を向ける。


クラスの人達がざわめく。


一人がおもいっきり立った
中嶋 さくら
中嶋 さくら
3人はどういう関係なの?!
小鳥遊  翼
小鳥遊 翼
幼なじみ。つっても俺は幼稚園までやねんけどな。
中嶋 さくら
中嶋 さくら
そ、そう。
女子1
小鳥遊くん!私が学校案内するよ!
女子2
私も!!
クラスの女子の大体が学校案内をすると言い出した。

こんなにいては見てられないんじゃないかなんて思ってるけど

ほぼ、無関係を貫いている。
小鳥遊  翼
小鳥遊 翼
みんなありがとうな。でも俺旭飛に頼んでんねん。
増田 夏帆
増田 夏帆
わ、私もついて行っちゃだめ?
あぁ・・・翼面倒くさそ・・・。


恋白何してるんだろ・・・って

こうと喋ってるし


こうは男子の友達増える機会なのに・・・
時雨 旭飛
時雨 旭飛
男同士の大切な会話があんの。
そう旭飛がいいきり、誰もしたいなんて言い出さなかった。


その後はみんな翼にアピールし放題。


席が隣で周りに人が沢山くるからこの席嫌だと初めて思う。
怪我しててあんま動けないし。


帰りも旭飛と、2人か・・・



あぁ朝のことが思い出される・・・







また他愛ない話で盛り上がるかな!!


































その頃の私に分かるはずがなかった。


翼と旭飛の会話が私たちの友情に亀裂を入れることを