無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

ため息
あなたがずっと俯いている。


それに伴い俺も話す気になれなくて。

ちらちらあなたを盗み見するけど、(ストーカーか)
考えてることがわかるわけでもなく。
はぁ。


今日何度目かのため息をつく。

俺はいつもあなたのことになるとため息をついてしまう。


電車に乗る前も、

中でも、

あなたが暗い顔をするから・・・


そうやってあなたのせいにする俺は最低だな。




翼もあなたをとるとか言い出すし。


だから、あいつが帰ってくる前に伝えたかったのに・・・


伝えたいじゃなくて



”伝えたかった”

の過去形


今からでも、遅くはないよな?





今日でなくても、明日でなくても、


俺はお前に伝えたいよ。


この気持ちを。