無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

LINE
【旭飛に嫌われた】

そう自分に言い聞かせ涙をこらえる。
あなた

グスッ・・・ダメ・・・ダメ・・・泣かない・・・

歯を食いしばり、こらえる、、


でも、流れるものは止められるわけもなく。。
あなた

うっ・・・うっ・・・うわぁぁぁぁぁん___

幸い家に誰もいなくて、

ゆっくりと腰を下ろし泣き叫ぶ。

あんなこと言わなければよかった。

あの時しっかりと否定していればよかった。

タラレバばっかの考えが頭をよぎる。
あなた

どーしてこうなるのかなぁ・・・

足は痛いし、涙は流れるし、旭飛には嫌われるし、、
あなた

今日、誕生日なのになぁ・・・

ホントついてない。

誰もおめでとうなんて言ってくれてないね。

てか、それどころじゃなかったか。

去年は、旭飛と出掛けたのに。

今年は、心が離れてしまったみたい。
ピコンッ

ピコンッ
あれ?

LINEがなんでなってるの?

恋白とかかな・・・
ASAHI🌅
ASAHI🌅
おめでとう🎊🎉
ASAHI🌅
ASAHI🌅
誕生日、おめでとう
それは、旭飛からのおたおめメッセージだった。
あなた

・・・バカ・・・何でこういうことするかなぁ・・・

あなたのLINE
あなたのLINE
バカッ
あなたのLINE
あなたのLINE
でも、ありがとう
ASAHI🌅
ASAHI🌅
あのさ、急なんだけど、
あなたのLINE
あなたのLINE
ん?
ASAHI🌅
ASAHI🌅
俺のこと嫌い?
あなた

えっ?

思わず声に出てしまった。

だって、相手に嫌われてると思ってたのに、、

嫌い?って・・・

なわけないじゃん。

まぁ

むしろ好き!

なんて口が裂けても言えないけども。
あなたのLINE
あなたのLINE
嫌い
ASAHI🌅
ASAHI🌅
そうか、
あなたのLINE
あなたのLINE
なわけないじゃん(笑)
返信速すぎでしょ。

どんだけ見つめてんだっての。

でも、なんでこんなこと聞くんだろう・・・
ASAHI🌅
ASAHI🌅
あのさ、
いつものとこに
たってても
いい?
あなたのLINE
あなたのLINE
旭飛がいいならいいよ。
何分?
ASAHI🌅
ASAHI🌅
あほ。ばか。鈍感!
あなたのLINE
あなたのLINE
えっ?!なんで?!
ASAHI🌅
ASAHI🌅
わかんねぇならいい。じゃあまた明日。
あなたのLINE
あなたのLINE
えぇ・・・また明日。
なによ。

だって、さっき・・・

あした
いつものとこに
たってて
いい?


って・・・


あれ?なんでひらがなでかいたんだろ。

それに変な改行・・・





















え・・・まさか。。


あ した
い つものとこに
た ってて
い い?




あいたい?!?!?!


あ・・・だから、、

鈍感とか言われたのか・・・





あ、



私が会いに行けばいいのか!!!
私はそう思いたち、

制服のまま家を出た。