無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

逃げられた・・・
逃げられた・・・
時雨 旭飛
時雨 旭飛
最悪・・・
あいたいって送ったくせに。

結局逃げられるとか・・・
時雨 旭飛
時雨 旭飛
ダサすぎだろ・・・
玄関で一人嘆く。

あなたがさっきまでいた場所には、


風が吹き抜け、虚しいばかりだ。

今度は俺から会いに行こうかな。


明日、気まずくなるかもだし・・・




よし行くかっ!
























だが、こんな時に限って、



神は俺を見放すんだ。



なんでだよっ!!
増田 夏帆
増田 夏帆
旭飛・・・くん?