無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

番外編 〜年末スペシャル〜
これは、私の家の大掃除の日のこと。
あなた

やっと自室が終わったぁぁぁぁぁぁぁ!

今もなお、家には1人。

だから、少しずつ部屋をきれいにしていっている。

こんな時こそ旭飛に手伝って欲しい・・・
時雨 旭飛
時雨 旭飛
呼ばれてないのにジャジャジャジャーン(笑)
あなた

さっすが旭飛だわ!テレパシーか!

時雨 旭飛
時雨 旭飛
んなモン使えるか。また1人でおおそーじ?
あなた

そーなんでーす。猫の手ならぬ旭飛君の手が借りたいね。(笑)

時雨 旭飛
時雨 旭飛
だろうと思った。手伝うから、明日の初詣、一緒に行こうぜ。
あなた

いいよ!そんなのお安い御用!

時雨 旭飛
時雨 旭飛
ははっ。じゃ、早速やるぞ
あなた

おー!

その後は、皆さんもお分かりの通り(?)

旭飛くんの女子力により(女子力いうな!by旭飛)

すぐに終わっちゃったのさ。

あ、これでお話終わりだと思った??

そんなスグには終わらせないよ。













掃除終わり。

時雨 旭飛
時雨 旭飛
あー!おわった!
あなた

ほんとに助かりました。ありがとう!

時雨 旭飛
時雨 旭飛
んじゃ、なんか恩返ししてよ。
あなた

え、何すればいいの?

時雨 旭飛
時雨 旭飛
それは、あなたが考えてよ。
あなた

え・・・んじゃあね────















































何もするかは、皆さんのご想像におまかせします。

旭飛くんもあなたが決めてよって言ってますしね(笑)


次は、1/1に更新の初詣編です!



あなたさん!

良いお年を!
時雨 旭飛
時雨 旭飛
良いお年を
日代 恋白
日代 恋白
良いお年をーーー!