無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

元旦スペシャル①
あなたさん。

新年あけましておめでとうございます
✨✨✨🎍ⓗⓐⓟⓟⓨ💠🆕🐶year🎍✨✨✨

今回は前回お知らせしていたとおり、元旦スペシャルということで!!

あなたと旭飛が2人で初詣に行くお話です!

スミマセン、本来1話予定だったんですけど、2話に分けます・・・


お許しください


あ、1日で2話書き切るので!

2日より、本編に戻ります!


では、元旦スペシャルへLet's go!!



♪.:*:'゜☆.:*:'゜♪.:*:'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜☆.:*:・'゜♪.:*:♪.:*:'゜☆.:*:'゜
時雨 旭飛
時雨 旭飛
お前、、そのカッコで行くの?
怪訝そうな顔で私を見てくるのは幼馴染みの旭飛。

昨日、大掃除を手伝ってくたので、代わりに一緒に初詣に行くという約束をこの人としたので、今日はその初詣に行く日。

そのカッコで・・・と言われても、

普通に私服何ですが?
あなた

何か問題あり?

時雨 旭飛
時雨 旭飛
スカート短いっ!
あなた

スカート?

え、、膝上5センチはダメなの・・・?
時雨 旭飛
時雨 旭飛
ぜってー寒いし、風で巻き上がる。
あなた

大丈夫だよ!

時雨 旭飛
時雨 旭飛
ダメだ。
女子か!

なんでそんなことわかんの・・・?
あなた

じゃあ、旭飛が選んで。

時雨 旭飛
時雨 旭飛
いーよ。選んでやるよ。クローゼット開いて。
私は思いっきりクローゼットの扉を開けた。
あなた

どーぞ!お選びくださいな!

私の服は”無駄”に多い。

だから、そんなスグには見つかるはずがない、、、

そう思っていたのに・・・


こいつは凄かった。
時雨 旭飛
時雨 旭飛
・・・よし。
その一言でクローゼットから2着の服が引っ張られた。
あなた

これ?

時雨 旭飛
時雨 旭飛
ん。
最近流行りのファーが袖の白の服。

その下は、ワインカラーの膝にかかるほどのスカート。

あとから、付け足されたが、黒のタイツ。

センスがないとは言えない服装だった。
あなた

凄い・・・センスいい・・・

時雨 旭飛
時雨 旭飛
下で待ってるから、用意できたらすぐに来い
あなた

はーい🙋

そう言われ、私はすぐに着替えだした。


もうすぐ好きな人に選んで貰った(自分の家にあるヤツだけど)服で好きな人とお出かけだよ?

そりゃ浮かれるでしょ

そーゆーわけで!

私は急いで着替え、


旭飛の元へ駆け出した。



































next→→→→元旦スペシャル②