無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

乾いた涙に映るもの
あなたside
泣き腫らした瞳を誰にも見られたくないから、その後の授業はサボることにした。

1人、屋上で風に涼む。

今、自分の乾いた涙に映ってるのってなんなのかな・・・

旭飛?

凛ちゃん?

杏?

それとも他の誰か?


それとも、、、


モノかなにか?




いままでなら、旭飛だった。


1番近くにいたのが旭飛だった。


泣いて見つけてくれたのも、

泣き止むまでそばにいてくれたのも、


全部旭飛だったのに・・・

旭飛の瞳に映るのは凛ちゃんだけ。

凛ちゃんの瞳に映るのも旭飛だけ。




私に入るすきなんて・・・


とっくの昔からなかったんだ。















なにを後悔しようと、、


過去に戻りたいと願っても、、

叶うわけはない。







新しい未来を切り拓くしかないのだから。