無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第81話

告白
旭飛の告白が私の耳に届く。

それを理解するのには少し時間が必要だった。
あなた

え・・・?

時雨 旭飛
時雨 旭飛
・・・あなたが、翼のこと好きなのは分かってる。
・・・ん?
時雨 旭飛
時雨 旭飛
でも、言わないと・・・吹っ切れそうになかったから・・・
まてまてまてまてまてまて・・・
時雨 旭飛
時雨 旭飛
その・・・終わり。
あなた

あのさ・・・

時雨 旭飛
時雨 旭飛
ん?
あなた

私・・・翼の事好きって言ったことある?

時雨 旭飛
時雨 旭飛
え?逆に違うの?
あなた

友達としては好きだけど、、、恋愛対象では・・・ない。

時雨 旭飛
時雨 旭飛
・・・
あなた

それに・・・翼は振った

時雨 旭飛
時雨 旭飛
えっ?!