無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第74話

2人の想い
あの日、翼に話を聞いてもらった日から

旭飛が冷たいと感じている。
きょうなんて、、
あなた

おはよ〜!

時雨 旭飛
時雨 旭飛
・・・はよ
そんだけ
前までは、普通に返してくれてたものの・・・


今では、二文字しか返ってこないという・・・
私、、なにかしたのかな?
▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂
あの日、翼とあなたが五時間目をサボった日から、2人の仲が良すぎる。


翼は告白したからとか言ってくるし・・・

あなたは普通過ぎるし・・・






俺結局何に対して怒ってるんだ?








そうじゃなくて・・・


俺も、言わないと・・・

好きって・・・





じゃないと・・・あなたが



翼に取られる・・・















中学の時みたいな思いしたくない。


あんな、、心が裂けるような思いは、、