無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

公認カップルに祝福の涙を
あなたside
女子1
時雨君たちのカップルってお似合いだよね〜
女子2
誰からも公認されてるって感じ〜
公認カップル・・・か。

当たり前なのかもしれない。

近くの大型ショッピングモール、遊園地、、

たとえ、公園であっても”デート”といい、2人で出かけているのだから。

この間は、タイムラインとTwitterに載ってたんだっけ?

付き合って何週間目・・・みたいなのやってた。

そりゃ、公認カップルにもなるよね・・・
望月 杏
あなた?ねぇ。大丈夫なの?
あなた

え?

望月 杏
泣いてるよ。
あなた

泣いてなんか・・・

あれ・・・?

なんで・・・泣いてるんだろう。

目元を拭っても零れる水は止まらなくて。

むしろ、溢れてきているみたい。
望月 杏
・・・あなた
あなた

ごめんね・・・なんで泣いてるんだろっ・・・

望月 杏
心の水が溢れたんだよ。今まで溜めすぎてたんだよ。
あなた

そ・・・なのかなっ・・・

望月 杏
うん。きっと・・・そうなんだよ。
あなた

はははっ・・・止まんないや・・・

無理に止めようとすると、余計に止まらなくなる。
そのまま、杏は何も言わず、傍にいてくれた。

無理に声を掛けられるよりマシだった。


そんな杏が、いつも以上に有難く感じる。






























私は、


旭飛と凛ちゃんに


















祝福の涙を

送るよ。



公認なんて、、

今はまだ、、できないから。