プリ小説

第2話

プロローグ
初めての彼女なんて..もう名前も曖昧だ。今まで付き合ってきた女は、まぁ10人は越してるだろう。
...もっとも“告られたから付き合う”ってだけなんだけど。
俺はそんな奴だ。

運良く整った顔で生まれ、そこそこスポーツもできる方だったから。
彼女が居れば、クラスでも良い立ち位置をゲット出来るわけだし..。


そんな俺が、あの子と出会った時。
全てが変わったんだ。......あの子が。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Hononeko
入賞者バッジ
Hononeko
只今、更新亀🐢さんです、 ごめんなさい(இдஇ`。) お気に入り⭐︎300(2018.11/20) お気に入り⭐️200(2018.6/5) お気に入り⭐️100(2018.1/10) ----------✂︎ キリトリセン ✂︎ ---------- 良いね👍やお気に入り登録ありがとうございます!! 飛び跳ねて喜んでますm(*_ _)m 浦島坂田船LOVEです!💚💜❤️💛 こたぬき💚
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る