プリ小説

第14話

貴方と《時乃side》
私が結弦に?



あれ、律夏くん...


結弦と同じクラスだよね...?


どうして?
_________

そして、土曜日がやってきた。


体調は....まぁ、普通...かな?

最近はずっとこんな感じ。
時乃
時乃
あ、律夏くん!
その姿を見つけて、走って近寄ろうとした。

でも、具合が悪くなると困るから、走れない。




...とか思ってたら、律夏くんが走って来た。
律夏
律夏
寒いな、時乃さん大丈夫か?
時乃
時乃
へっ?あ、うん、大丈夫だよ。
律夏
律夏
結弦は?
時乃
時乃
暖かい飲み物が欲しいって、買いに行った..。
そういえば、私...律夏くんに聞かれたことに答えてばかり。

つまんない、、よね。
結弦
結弦
...お待たせ。
時乃
時乃
結弦!遅いよ、もう。
結弦
結弦
ごめん、。
律夏
律夏
.....じゃあ、行くか。
____広場にて____
時乃
時乃
綺麗...!ゆ、結弦!見てよ!すごいっ!
結弦
結弦
見てる、み、見てるから...叩かないで、。痛い...っ!
初めて近くで見るイルミネーション。


なんで結弦と律夏くんは、興奮しないのかな?



二人だって、初めてじゃないの?
律夏
律夏
時乃さん、あれ見なよ。
言われて、律夏くんの指を目で追うと、遠くに私の通う高校が見えた。
律夏
律夏
あれは、時乃さんの通う綺麗な女子校だけど...
律夏くんが少し指を動かす。
律夏
律夏
あれは、俺らの学校。
時乃
時乃
あれ、人がいる...?
少し..........かなり汚れた学校の屋上に、10人くらいの人が集まっているのが分かる。
律夏
律夏
あいつら凄いんだぜ?先生のこと殴って、全治2ヶ月にしやがった。
時乃
時乃
えぇ....。でも、...それがどうしたの?
律夏
律夏
ん......俺は、不良じゃないって話。
時乃
時乃
?何それ...。イルミネーションの方が綺麗だよ..?
律夏
律夏
綺麗って....一体何と比べて..。
...分かってるよ。

律夏くんは不良じゃない。






とても、優しい人...だよ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Hononeko
入賞者バッジ
Hononeko
只今、更新亀🐢さんです、 ごめんなさい(இдஇ`。) お気に入り⭐︎300(2018.11/20) お気に入り⭐️200(2018.6/5) お気に入り⭐️100(2018.1/10) ----------✂︎ キリトリセン ✂︎ ---------- 良いね👍やお気に入り登録ありがとうございます!! 飛び跳ねて喜んでますm(*_ _)m 浦島坂田船LOVEです!💚💜❤️💛 こたぬき💚
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る