無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

663
2017/11/22

第5話

山田涼介
くそっ・・・。ちょっと家に上がるね(小声)
あなた

う、うん・・・。

報道陣が周りにいる中
あなたの家に入ってった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

翌日
山田涼介
ごめん・・・寝ちゃった(笑)
朝早いからじゃあね
あなた

あ、涼介・・・

気づいた時にはもう居なかった。
あなた

寂しいな・・・。

寂しい思いで胸がいっぱいになってしまった。

“こんな生活ならいっそ・・・。”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お母さん
そろそろ起きなさいー
あなた

うん、分かってるー。

“後ででいいや。”
そして家を出た瞬間。
あなた

ん!んんっ・・・

タオルのようなもので口を塞がれた。

意識が遠のいていく。
あなた

た、すけて・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

涼介said


いつもあなたに迷惑かけてばかりだ。
こんな思いをあなたにさせたくない・・・。
どうすればいいんだ。

・・・



朝早くから仕事だ。
起こさないでおこう。


「お邪魔しました!」

家を出た。

ん?なんかあと付けられてる?
まぁいいや。