無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

658
2017/11/22

第6話

あなた

ここ、はどこ・・・?

目覚めると薄暗い部屋の中にいた。
お前、山田涼介の彼女か?

山田涼介とこーゆーことしてるのか?
あなたの制服が脱がされた。
あなた

や、やめて!

山田涼介羨ましいぜ・・・
声を出そうとした瞬間。
口で口を塞がれた。
あなた

んんっ・・・ヤダぁ・・・

やべー興奮してきた
男は自分のシャツとズボンを脱いだ。
あなた

やだ、やめて・・・

あなたは体が動かなかった。
男はスカートを脱がした。
あなた

やだ!!

るせー黙ってろ
口を塞がれた。
あなた

んん・・・っ

すべて脱がされてしまったあなたは
なにもすることが出来なかった。
男が触ろうとしたその時ー。
山田涼介
やめろ!!
あ、なんだ?
こーゆー事してんだろ!
体に顔を突っ込んだ。
あなた

やぁ!

山田涼介
おい、やめろ!
男を蹴り飛ばした。
警察を呼び、男は逮捕された。
あなた

もう無理ぃ・・・。

山田涼介
ごめんな。俺のせいだ。
あなた

違うよ・・・。

涼介はあなたを抱きしめた。
山田涼介
情けないやつでゴメンな・・・。
その瞬間涼介は服を脱いだ。
あなた

え・・・?