無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

570
2017/12/02

第12話

衝撃
あなた

涼介・・・別れてなんて言ってごめん。

山田涼介
あ、あぁ。
あなた

もう一回付き合って欲しいんだ。

 






























放った一言は
山田涼介
ごめん・・・俺、他に好きな人が出来たんだ・・・。 
あなた

えっ・・・。

山田涼介
本当にごめん。じゃあ
そう言って涼介は帰ってしまった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

“なんであの時別れてなんて言ってしまったんだろうか”

涙が溢れてきた。

“私涼介ナシじゃ無理だよ・・・。”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お母さん
ご飯できたわよー
あなた

いらない

お母さん
なんでー?
あなた

どうでもいいじゃん。!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目が覚めた。


キャスター “次のニュースです。”
キャスター “山田涼介と女優の○○さんの熱愛報道です。”

“あ、涼介の好きな人は○○って人だったんだ・・・。”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

学校

“授業に集中出来ない・・・。はぁ・・・。”


先生 “この問題は・・・あなたさん!”

あなた

え?あ、あのー聞いてないです。

先生  “ちゃんと聞きなさいね。”
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帰り道


“なんか怪しい人がいる・・・。”

あなたについてきている人がいた。

“怖いな・・・。”

走って家に帰った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


翌日



家を出た。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた

はぁ・・・。

あなた

疲れた・・・。

次の瞬間  布で口を抑えられた。