無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

566
2017/12/04

第13話

目を覚ましたら。
目を覚ました。

“ここどこ・・・?”

手足口が塞がれ縛られ何も出来ない。

“あー、このまま死んじゃうのかな。私。”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

犯人 「目が覚めたんだぁ♡」

犯人 「あんた元カノよね?」

犯人 「山田涼介の。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた

んん・・・んんん!

犯人 「ちなみに、今の彼女は私♡」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

“ふーん。で?”

そう思いたかったけど、
そう思えなくて。

私はまだ涼介が好きだから。
諦められなくて、悔しくて。

涙が出てきた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

犯人 「無様な姿」

犯人 「お前なんかが、涼介に近づこうなんて早いんだよ。」

犯人 「このブス女!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

“あぁ。”

“そんなことか。”

“くだらな。”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ガタンっ













「警察だ!」

「今すぐそいつを離せ!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



〜涼介said〜


“俺は、決めたんだ。”

“あなたを巻き込みたくないんだ。”

“自分のことで・・・。”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

犯人 「涼介〜付き合って?」

山田涼介
無理
「なんでよー。彼女とは?」
山田涼介
別れた。
「なら、イイじゃん」
山田涼介
あなたの事がまだ好きだから。
「なんで別れたのよ!」
山田涼介
巻き込みたくないんだ。幸せになって欲しいんだ。
「“なんであんな奴が。。。”」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー