無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第12話

チョロ松side あなたside
169
2018/02/11 03:21
食料調達でもしてこようかな‥

僕は、財布をもってスーパーへ向かう
チョロ松
チョロ松
ん?
あなた?
遠くの方で、あなたがだれかといるのが見える
あなた

やだ
⚪⚪さん、おごってくれるんですか~?

モブ
いよー?
今日朝方まで飲む?
チョロ松
チョロ松
お、とこ?
あなた

まじですか!
ごちでーす!
あ、チョロ松に連絡しなきゃ

ブーブー
携帯をみるとあなたからLINEが来ていた
あなた

『今日、帰り遅くなるね!
飲み会があるから~先寝ててね』

チョロ松
チョロ松
‥‥
『誰と?男?』
あなた

え、どっちも来るよね?
『ううん、男と女
会社の同僚とだよ心配しないでね』

チョロ松
チョロ松
『そっか、今そっち行く』
あなた

え、いま!?

チョロ松
チョロ松
あなた!
あなた

ち、チョロ松!?

モブ
誰?
あなた

彼氏です

チョロ松
チョロ松
どーも
あなた

何で来たの?
大丈夫だって、女子もいるから

チョロ松
チョロ松
心配だからだよ
僕はあなたが心配なんだよ
モブ
えーっと、心配なら後で来る?お店教えるから
あなた

すいません、そうします

僕はあなたの手を引く
チョロ松
チョロ松
‥なんで、あんな男といたんだよ‥(ボソッ
ー家ー
あなた

もー、⚪⚪さんに迷惑かけたぁ

チョロ松
チョロ松
‥いいじゃん、それぐらいちょうどよくない?
あなた

よくない!
大事な同僚なのに‥もー、チョロ松のばか

チョロ松
チョロ松
‥‥なんで、(ボソッ
あなた

え?

僕はあなたをベットまで連れてく
あなた

ちょ、なんなの、!

ドサッ
ギシッ
チョロ松
チョロ松
僕しか見えてないっていって
あなた

‥‥
‥チョロ松しかみえてないよ

胸がつかまれる感触があった
チョロ松
チョロ松
好き‥
あなた

ヤキモチでしょ

チョロ松
チョロ松
へ?
あなた

かわいッ!
貴重じゃん、私はよくヤキモチするけどさ、、チョロ松が私にヤキモチとか貴重

チョロ松
チョロ松
‥‥うるさいなぁ、僕だって、、ヤキモチするし
あなた

フフッ
帰ってきてからやろ?明日からやすみとるから

チョロ松
チョロ松
わかった‥てか、あの男誰なんだよ
あなた

あー、⚪⚪さん?
見た目通りでかっこいいひとだよ?
会社の同僚で同じ企画をやってるの。
出世を一番しそうっていわれてるんだよー

チョロ松
チョロ松
へー、って関係を聞いてるんだけどさ
なんで、性格とか出世しそうとか聞かないといけないの‥
あなた

えへへー、じゃ、飲み会いってきまーす

チョロ松
チョロ松
ん、気をつけて
あなた

ほい!

チョロ松ごめんなさい、一つ嘘つきました

相手は、告白された人なんです。
かっこいいとか出世しそうとかそういうことは全くもって本当。
だけど、断った
私には愛しい彼氏がいるから、
大好きだから